通信制高校ナビTOP > 通信制高校を知る > 高卒資格を取得したい方へ > 高校中退後の困難と選択肢

通信制高校・サポート校を探す

掲載学校数:563

学校名で検索

高校中退後に起きる困難とその後の選択肢

高校中退のその後は通信制高校を活用しよう

現在、高校を中退する人は年間5万人以上。
自分の夢のためや、高校が合わないという理由で自主的に辞める人もいますが、「いじめられた」「学校との関係がうまくいかなくなった」「家庭の事情で…」などの理由から高校を諦める人もいます。

中退をする、となった人が気になるのは、中退したその後ではないでしょうか。
ここでは、中退した人が直面する困難や、それを乗り越える方法などを考えてみましょう。

高校中退後の困難① 就職・雇用の問題

高校を中退するということは、最終学歴は中卒となります。
しかし、高校進学率が98%となった現代では、仕事をしたくても、中卒・高校中退という理由で断られてしまったり、そもそも応募ができないということも多いようです。
そのため、高校中退者には日雇いの仕事や単発のアルバイトなど、不安定な職に就く人も多いと言われています。

このことにより、収入が十分でなく自立した生活が出来ない、家庭を持つことが出来ない、などその後の生活基盤にも関わる問題へつながる恐れがあります。

高校中退後の困難② 進学・資格取得の問題

大学や専門学校の入学資格は、「高校卒業もしくは同等以上」。
そのため、中退後に進学がしたいと思った場合でも、まず高卒資格か、高卒認定資格を取得することが必須となります。

また、仕事をしていく中で、資格を取らなければキャリアアップができない職場もあります。
資格の多くは学歴が関係なく受験することが出来ますが、中には高校卒業資格が必要な資格も存在するため、その資格を取るためにはまず、高卒認定資格から取得しなければなりません。
「学歴は不問・実務経験が◯年以上あれば可」という資格もありますが、ここでも実務経験を積む以前に、採用してもらえるかが課題となる可能性があります。

高校中退後の困難③ 人間関係の問題

高校を中退するということは、【学校】という場所を離れることになり、テストや授業、その他一切の学校行事と縁がなくなります。そして学校で毎日会っていた友人や、先生、先輩や後輩と会うことも少なくなります。
中退後であっても、自主的に連絡を取り合うことで関係を続けることは可能です。
しかし自分と全く違う生活を送る友人との関係性に悩み、疎外感や劣等感、さみしさを感じはじめ、そのうちに関係が疎遠になってしまうという中退者が多いのもまた事実です。

高校中退後の進路と将来

中退に伴う様々な困難を紹介してきましたが、中退をしたからといって社会へ出る道筋が閉ざされてしまう訳では決してありません。
中退から、進学や就職を目指すための方法を考えていきましょう。

全日制や通信制の高校に編入し、高卒資格を得る

学校を中退し、再び入学することを【編入】と言います。
全日制の場合は、高校2年生修了後に退学をした人は3年生から編入することができますが、2年生の途中で退学した場合は、再び2年生から編入し直さなければなりません。

一方、通信制高校には学年という考え方がないため、必要な単位を取得すれば高校を卒業することが可能です。
中退前に取得した単位も引き継ぐことができるので、編入時期と取得済み単位によっては、同級生と同じタイミングで高校を卒業することも可能です。

なお、編入をするには試験を受ける必要がありますが、全日制では3月、通信制高校では、3月と9月頃に編入試験が行われることが多いようです。学校によっては時期に関係なく受け付けている場合もありますので、体験入学や資料で必ず確認しておきましょう。

高卒認定試験を受けて、進学にもチャレンジ

高校を卒業しなくても、【高卒認定資格】を取得することで、大学や専門学校へ進学することが可能になります。
【高卒認定資格】は【高校卒業資格】と勘違いされやすいのですが、この2つはまったく別のものです。
【高卒認定資格】は、高校を卒業した人と同じくらいの学力があるということを、国から認定される資格であるため、学歴としては【中卒】となりますが、【高校卒業資格】と同等に、大学や短大・専門学校の受験資格を得ることができます。
その他、進学以外にも各種国家試験に活用することが可能です。

受験資格も低く、受験する年度内(受験する年の翌年3月31日)に「満16歳以上」になる人で、大検や高校卒業資格を持っていない人であれば、受験することができます。
また、全日制高校に在学中でも、校長先生の許可があれば、足りない単位を取得するために使うこともできるため、病気になってしまい卒業単位が足りない…という人も活用している試験となります。

なお、すでに高校を中退しており、勉強に自信がない、1人で試験勉強をするのが不安、という人は、通信制高校やサポート校に、高認試験合格を目指すコースが増えていますので、そういった学校を活用してはいかがでしょうか。